gogo☆sahara

サハラ砂漠から東京砂漠を経て、安房のオアシスに漂着。ここは本当にオアシスか否か?!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
沈黙を破る

土井敏邦監督の映画、「沈黙を破る」ポレポレ東中野でアンコール上映されているから、紹介しようと思っているうちに明日が最終日であることに今朝気付きました(^^;

最近上映会でこの映画と土井監督のトークを聞く機会があり、
パレスチナの人々とガザの様子、元イスラエル兵士のインタビューと行動の両面からガザを見ることができる映画で凄く良かったので
より多くの方に見て頂きたいと思いました。


イスラエルやガザ、イラクやパキスタン、アフガニスタンなど多くの問題を抱えている国々の情報は、普段の私の生活の中には全く入って来ません。

あまりテレビを見ないし、新聞も取っていないし。
でもテレビのニュースや新聞を毎日チェックしいても
これらの国の状況を詳しく伝えているものは僅かだろうし
一つの角度から見た一部分であって、それが全てではありません。


知りたい! 

知ろう!!


という思いと行動力があって初めて掴み取れる情報が沢山あるので、
目の前の生活に追われるだけの日々で終わる事の無い様に
こういう映画や情報に触れる機会があれば積極的に参加するように心がけています。


「沈黙を破る」とは、元イスラエル将兵たちによって作られたNGO。
占領地での、虐待、略奪、一般住民の殺戮等の加害行為を告白することにより、今まで語られることのなかった占領の実態にイスラエル社会が向き合うことを願っている。

「沈黙を破る」フライヤーより


10代や20代前半のイスラエル兵が、ゲーム感覚で銃を握り発砲する。
自分の両親や祖父母と同じ年代のパレスチナ人に対して横柄な態度をとり、
全てが自分の思い通りになる。
相手にも家族がいて、生活がある、同じ人間だとは思っていないし、
そんな風に思ったら任務の遂行など遂行出来ない。

初めはおかしいと思った事でもだんだん慣れてくるし
どんどんエスカレートしていく。
そして自分の犯した罪にふと気付いた時、傷つくのは自分自身です。

そうやって占領をし続けるイスラエルは、パレスチナの人々を傷つけ
更にはイスラエル自身も傷つけている。
そう気付いた彼らはウェブサイトを通じて国内外に占領の実態を訴えています。


■■賛同者募集■■
この映画の監督である土井さんは、現在イスラエル政府から
「事実を伝えない反ユダヤ主義のジャーナリスト」とみなされ
プレスカードの発行を拒否されています。

現在プレスカードの発行をイスラエル政府に要求する賛同者を募集しています。
詳しい内容は土井監督のWEBコラムにてご確認下さい。


先日賛同して下さった方々へ
本日ボランティアの方に用紙を手渡しして来ました。
とても喜んでくださいました。
ありがとうございます!
もし周りに賛同してくださる方がいたら、
イスラエル政府の報道規制に抗議しますより
ご賛同くださいます様、お願い致します。


ここをクリックしてね♪後ろの方をさ迷ってるのでポチッと宜しく☆

コメント
from: ozatomo   2010/02/26 8:22 AM
お元気ですか?
相変わらず、行動的にやってますねー。
モロッコ時代に土井さんの本を読んだとき
HPから感想を送ったら、メールがきました。
びっくりでした。
いまそんな状況になっているのですね。

日本の人に正しい情報を送る貴重な人ですよね。
WEBみてみます。

from: narve   2010/02/27 1:51 AM
★ozatomoさん
お久しぶりです!!
私は勿論元気ですよ〜
この間ヂタさんにお会いして、きっと明日のアラビア語オリンピックでも会うはずです・笑

土井さんの本をモロッコで読んだんですね。
私は先日イベントで本を買って、土井さんにサインを頂きました。
女優の渡辺えりさんが土井さんが大好き!とスピーチされたのがよく判る、ほんまに素敵な方ですよね。

こんなところでozatomoさんと繋がるなんて、おもろいね☆
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.gogosahara.com/trackback/930545