gogo☆sahara

サハラ砂漠から東京砂漠を経て、安房のオアシスに漂着。ここは本当にオアシスか否か?!
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
安房なのはな隊 第三回
第三回目となる、安房なのはな隊に参加して来ました。

なのはな隊は、東北震災直後、被災地支援に出向いた山口さん桐谷さんの想い
「被災者のお腹を暖かく満たして差し上げたい。辛い記憶を忘れていただけるよう音楽して差し上げたい。心のケアーを伴うご支援を長い期間継続して行きたい。」
という石に新聞等を通じてご賛同してくださった方々と共に生まれた善意の団体です。

安房なのはな隊HP  http://nanohanatai.web.fc2.com/shienhoukoku.html



金曜日に物資として持って行く夏みかん狩りをやり、
なのはな音楽隊の練習。
土曜日に物資を集めて準備。

突然お願いしたのに、快く協力してくれた方々が
南房総の綺麗な花を沢山届けて下さいました。
大きくて立派な琵琶に、竹の子、トウモロコシも。

皆で花束を作り、炊き出し用の野菜を切って下準備。
当日支援に行けない方々も、
物資での協力や、下準備のお手伝いなどで支えてくれています。


そうして集められた物資を積んで、土曜日の夜に出発。

田んぼ

途中の休憩所から見えた田んぼ。


今回は、宮城県石巻市の相川というところにある避難所で
お昼ご飯の炊き出しをさせて頂きました。


震災から3ヶ月経っているのですが、
相川へと続く道沿いには、3ヶ月経ったとは思えない光景がありました。
津波で押し流された大きな水門。
瓦礫。傾いた家。道に打ち上げられた船。壊れた車....



餅つき

餅つき開始。
今回はたっぷり野菜を入れたお雑煮と、
辛味大根ときな粉餅、茹でたトウモロコシを用意しました。



なのはな音楽隊

皆さんがお餅を食べている時は準備が忙しく、
やっと音楽ができる余裕が出た頃には皆さんが帰った後だったりして
上手く調整出来なかったのが残念ですが
なのはな音楽隊のジャンベ&歌と踊りを楽しんで下さった方もいて
嬉しかったです。


途中から子供達もお手伝いをしてくれて、一緒に餅つきをしたり
片付けをしたり、ドッチボールをしたり。
避難所にいらっしゃる方々と、少しですが交流ができました。


第四回なのはな隊は、7月17日になります。
7月7日に全体ミーティングを行いますので、
興味のある方は是非、お問い合わせの上ご参加下さい。
また、お花や果物、もち米等の物資のご協力も頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。


JUGEMテーマ:日記・一般
 
安房なのはな隊
最近、ここ南房総に根を下ろして頑張っている
様々な方たちと知り合う機会に恵まれている。
そんな沢山の出会いの中で、“安房なのはな隊”とも出会った。

3.11の震災後、自分は何をすべきか、何が出来るのか
色々考えさせられた。

今すぐ被災地に行って、私はこれで皆さんの力になれる!
というものを何も持っていない自分。

モロッコにいる時でもなく、関西にいる時でもなく、
この南房総にいる時に震災が起こったということは
ここで、この地で、自分が出来る事をすればいいのではないか。
被災した人々をどうにか受け入れられないか、支援できないかと
動いている人達を見て、私もここで自分が出来る事をしようと心に決めた。


3月に被災地に向かった安房地球村の桐谷さんと、monk beat studio の泰さん
お2人が中心となって、安房なのはな隊が結成され
4月に宮城県石巻市にて餅つきとジャンベの演奏を行いました。
必要とされるまで、毎月継続的に続けていく活動です。

2回目となる5月のなのはな隊に、私も参加させて頂きました。
前回皆さんに喜ばれたという、お花を手渡しする為に
土曜日の午後、寄付された沢山の花を小分けの花束にしていきました。

山のように積まれた花々がやっと減って来たと思ったら
また新しい花の寄付が届く、という繰り返し。
ほんまに嬉しい悲鳴で、支援してくれる方とその量に驚きました。

深夜に物資を積んだトラックと、南房総市と館山市から提供されたバス2台に乗り込み
宮城県石巻市の日和山公園鹿島御児神社に向けて出発。

この神社は高台にあって、被災した門脇町を見渡す事ができます。
テレビやネットで見たのと同じ光景が、目の前に実際に広がっている訳ですが、
映画のワンシーンを撮影したセットのようで、実際に起こった現実の世界だというのを
すぐには受け入れられず、ただ呆然と目の前の景色を眺め、手を合わせることしかできなかった。


八重桜

下を見れば、そんな受け入れがたい風景が広がっていますが、
ふと上を見れば、八重桜の花が綺麗に咲いていました。
花って凄い。
そこに花があるだけで、ほんまにほっとさせられる。


なのはな隊の餅つきが始まると、子供が遊びに来たり
地元の方が持ちつきに参加してくれて、笑顔で接してくれるのが嬉しい。
南房総のお花と、果物、お餅をお渡しして
ジャンベチーム、安房ライオンでジャンベの演奏。

私なんて一度練習に参加しただけで、
リズムを忘れたりしてそりゃぁ酷い有様やったけど、
仙台からいらした女性が飛び入りでジャンベやアフリカンダンスに参加してくれて
沢山の笑顔を頂いて個人的に心強かったし、助けられました(^^;


こういうのって、決して一方通行で終わらなくて、
私達が持って行った物や演奏した事以上のパワーを頂けて、
また来よう、毎日を頑張ろうって気にさせてもらえる。

1人じゃ何も出来ない自分に、こういう機会を与えてもらえた事に
ほんまに感謝!
ありがとう、なのはな隊。

東京から参加されている方もいたし、
20代〜70代まで様々な方が参加しています。
毎月活動するので、興味のある方は是非メッセージ下さいね。

御輿

当日、なんとお神輿が出ました!
なのはな隊の人も参加して、担いでいましたよ。
地元の方となのはな隊で担ぐお神輿、
何か嬉しいね。



JUGEMテーマ:日記・一般
 
中東オマーンの企業から約26億円分の浄水器などの大量発注!!
オマーンの王族系企業が、義援金は送るのに時間がかかるから
南相馬の工場に26億円分の発注をしたそうです。
これによって工場は生産再開を決め、地元での新規雇用も検討中。
義援金も有難いけど、こういう行動は即効性があるし
仕事や雇用を生むから有難いね。

河北新報社の記事
南相馬の町工場、浄水器を大量受注 オマーンの取引先が支援 福島第1原発事故で屋内退避圏(原発から20〜30キロ)に含まれた南相馬市原町区の落合工機に、中東オマーンの企業から約26億円分の浄水器などの大量発注があったことが7日分かった。受注で同社は生産再開を決め、避難していた従業員を呼び寄せたほか、地元での新規雇用を検討している。復興を支援する大量発注に斉藤秀美社長は「再開に向け山積する課題を克服していきたい」と意気込む。市も「市内製造業の復興につなげたい」と後押しする考えだ。
 発注したのは取引先のオマーンの王族系企業。震災後、報道で南相馬市の被災を知り、浄水器700台と大型浄水装置14台を特別発注した。
 落合工機は板金加工を手掛けていた技術を生かし、浄水器分野に進出した。昨年12月、中東の農業支援NGOが母体の企業「J―ACTION COMMERCE」(東京)と事業組合を設立、中東向けに移動式小型浄水器などを生産していた。
 しかし、震災で従業員宅が津波で流されるなどの被害が出たほか、原発事故に伴う3月15日の屋内退避指示で稼働を停止していた。発注はJ社を通じてあったという。
 生産再開に向け、J社は自宅を失った従業員16人が家族と一緒に生活できるように、仙台市内に100人分の宿泊スペースを確保した。落合工機は職を失った市民20人を新規雇用する予定。
 斉藤社長は「従業員たちはみんな、働きたくてうずうずしている」と話し、今月中に生産を再開する見込み。J社の橋本秀昭代表は「復興支援は落合工機の技術力が世界的に評価されている証拠」と語った。
河北新報社より
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110408t62021.htm


オマーンの支援に対しする日本人のツイート
http://togetter.com/li/124401

気仙沼で救助 漂流犬の名は「バン」 飼い主と再会
流された家から犬を救出という映像を先日ブログに載せたけど、
その犬が飼い主さんと再会できたそうです!!

河北新報より
宮城県気仙沼市の沖合で1日、屋根に乗って漂流しているところを救助された犬が4日、飼い主に引き取られた。同市本吉町に住む飼い主の50代女性が、宮城県動物愛護センター(富谷町)に駆け付け、震災以来24日ぶりに再会を果たした。

 動物愛護センターによると、犬の名前は「バン」。雑種のメスで2歳という。
 新聞やテレビで海上保安庁の特殊救難隊による救助を知った女性が、第2管区海上保安本部(塩釜)にメールで連絡。添付されていた犬の写真を2管本部が動物愛護センターに転送し、表情や毛の色、首輪が酷似していることが分かった。
 最後は、動物愛護センターを訪れた女性に、バンがうれしそうに懐いている様子が「身元確認」の決め手となった。
 犬は通常、飲まず食わずでは5、6日が生存の限度という。バンの体調はそれほど悪くなく、動物愛護センターは「震災後、しばらくは陸上にいて、発見される数日前にたまたま屋根に乗っかってしまったのではないか」と推測している。


私の19人の facebook 友達へのお願い....
私の19人の facebook 友達へのお願い....2011年3月22日 22:58 山下 徹志さん作成

この投稿をどうか皆さんの友達にシェアしてください、私の友達の友達の皆さん、其れ読んだら、どうかお願いですから皆さんの友達にもシェアしてください。そして皆さん私の facebook 友達に成ってください。お願いします。



既に数人の方へ話していた事ですが、18日の午後より独り震災孤児達への支援を決意し行動を開始しました。



阪神大震災では 親を失った県内の18歳未満の震災孤児は400人。

このうち68人が両親を亡くした孤児だったそうです。(北海道新聞 3/17記事 1995年3月の兵庫県の調査による)



東日本大震災での震災孤児の数は只今情報収集中ですが、平日の午後、親と離ればなれの状態で被災した子供達が圧倒的に多く、これは早朝に家で親と一緒に被災した阪神淡路大震災とは異なり その数は大きく上回ると想像してます。

この震災孤児の支援を発想したした時から私の頭の中には「瓦礫のなかで震えている姉と弟...」「亡くなった父親のわきで震えている男の子...」そんなイメージが浮かんではなれません...



具体的には「震災孤児を受け入れたいという、優しいく温かい家庭を100件探す」

このことを目標に活動します。

そのデーターを 行政に提供し 活かして頂く考えです。

孤児の支援内容については 他に広げていくことも視野に入れていますが、今現在は 受け入れ先にスポットをしぼり行動をとる予定です。



自分は教育者でもありませんし 専門的は知識もありません。

今迄にこれといったボランティア実績も無く寧ろ無関心な人間でした。

しかし行政に任せておくだけでなく行動したいと今思っています。

「孤児達の未来を支えたい...」「絶望では無く子どもの頃、私達も抱いていた夢を彼らもみれるように...」そう一緒に考えてくれる方

市民レベルの草の根支援の輪を支える意味で、皆様のお力をお貸しください。



4日前から始めた事です、仲間は今16人...

これから活動のようすを皆さんにも見て貰える様に、色々な方法で整備して行きます。

今すぐにでも、明日からでも、一週間後、一ヵ月後、一年後でも、皆さんが同じような気持ちになった時に私の仲間に成ってください。力を貸してください。おねがいします。


被災地の動物


わんちゃん助かって良かった!!




このわんちゃんも無事救助されたかな。。。


3月22日には、仙台市内の海岸から2キロほど陸側に入った田園地帯からイルカが救助されたそうです。

被災地の田んぼでイルカ救助、海に放され元気取り戻す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110323-00000092-reu-int
イルカからペットまで――広がる被災地の動物救助
http://jp.wsj.com/japanrealtime/2011/03/28/%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%BE%E3%81%A7%E2%80%95%E2%80%95%E5%BA%83%E3%81%8C%E3%82%8B%E8%A2%AB%E7%81%BD%E5%9C%B0%E3%81%AE%E5%8B%95%E7%89%A9%E6%95%91/


南房総で動いている被災地の為にできること
南房総で動いている
被災地の為にできること。

ツイッターより
seieidou
[拡散希望]南房総市和田町にある、当店[盛栄堂]では、この度の災害を受けまして、3月30日(水曜)いちご大福一個140→100円での販売、さらにこの売り上げを、全額100%被災地への寄付させていただくというイベントを開催します!南房総市和田町下三原423-2盛栄堂
http://www.mboso-etoko.jp/cgi-bin/co_kanihp/info.asp?uid=2855&p=6


居酒屋ひろせ
ただいま居酒屋ひろせでは、被災地復興チャリティーカップケーキを一個100円で販売しております。(〜26日まで)
売上全額、日本赤十字社を通じて寄付させていただきます。
お持ち帰りもできますので、おみやげにもどうぞ。
http://maps.google.co.jp/maps?q=35.0066902497,139.9002271812&z=18



GLASSFISH HEART PROJECT

今回の大災害を支援する意味でガラスのハートを販売し、売り上げの一部(今のところ2500円で販売するうちの500円を予定。)を義援金にあてる。プロジェクトを立ち上げました。
詳細はこちら
http://web.me.com/glassfish2001/site1/HEART_PROJECT.html


房日新聞より
「避難した人温めたい」と
館山市内でラーメン店を構えて40年、作歌活動も続け「ラーメン歌人」の異名をとる、粕谷征三さん(67)が、東日本大震災の被災者支援のため、当地に避難した人に、ラーメンを無料で提供することを決めた。県内には現地へ出向いてラーメンを提供する店主もいるが、粕谷さんは「店は閉められない。こちらに避難した人を、温かいラーメンで迎えたい」と、さっそく看板を出した。

かすやラーメン
http://r.tabelog.com/chiba/A1207/A120704/12002713/dtlblog/B13121193/


房総なうより
救援金〜かもめグリルで東北地震募金

かもめグリルで、食事をすると地震の被害に遭われた方に義援金が送られる。
お食事代の中から、1人につき100円が日本赤十字社を通して被災地に送られる。お食事の料金は普段通り。飲み物でもデザートでも、何でも。1人の食事代の中から100円が義援金になる。


ホテルオーパヴィラージュ
http://opavillage.com/ブログより3月31日までにご宿泊のお客様1人あたり1000円を
東北関東大震災の被害を受けられた皆様への
義援金として寄付することにいたしました。

義援金は日本赤十字社(http://www.jrc.or.jp/)を通して
現地に送金したいと考えています。


ダッペエの募金活動と救援物資の受付
東北地方が大変なことになってる。
ダッペエも何ができるか考えた。
ここはやっぱり募金活動だっぺ!

ブログ記事
http://blog.gogosahara.com/?eid=984557


NPO法人おせっ会
ブログより
http://www.osekkai.org/mc_iblog_id_13.html支援物資のお願い。
※ご注意! 下記収集場所以外ではお預かりできません。
渚の駅(旧安房博物館):館山市館山1564-1
白浜フラワーパーク:南房総市白浜町根本1454-37
ローズマリー公園:千葉県南房総市白子1501

【募集品目】※全てにおいて「未開封の物」とさせて頂きます。
◇食品 
米、水、ドリンク類、缶詰、レトルト食品、袋入りラーメン、お菓子
◇生活必需品
サランラップ及び、アルミホイル、使い捨て容器・ハシ、
包帯・常備薬・アルコール消毒液、ティッシュペーパー・トイレットペーパー
歯ブラシ、歯磨き粉、シャンプー、石鹸、生理用品
◇物資
懐中電灯、電池、カセットコンロ及びコンロ用ガス、マスク、カイロ
◇幼児・子ども向け
粉ミルク・離乳食、おむつ、おしりふき、文房具
◇ランドセル 
ランドセルをご寄贈頂けるかたは、事前に下記までご連絡をください。
今回は、上記以外の物資の受け付けはしておりません。
※尚、ご寄付を頂くお品は、各ご家庭にて余っている物等とし、
現在、都市部などで横行している「買占め」にならないよう、ご配慮下さい。


【義援金】 

各収集場所において、義援金箱を設置いたします。


【収集場所、スケジュール】
1回目 3月31日(木)13:00 〜 16:00
2回目 4月 1日(金)13:00 〜 16:00
3回目 4月 2日(土) 9:00 〜 12:00

詳細はこちらをご確認下さい
http://www.osekkai.org/mc_iblog_id_13.html


他にも沢山の方達が動いて、支援しています。
お近くにお住まいの方、出来る範囲でご協力下さいませ。



ありがとう&がんばれ、てんつくマン!!
被災地に物資を運び続けているてんつくマンさんが
物資の支援をお願いしています。

てんつくマンさんツイッター
http://twitter.com/tentsukuman

てんつく107+1天国はつくるもの
http://tentsuku.com/

てんつくマンオフィシャルブログより

えらいこっちゃ!倉庫の食料がゼロになってしもうた〜、至急、食料を!

みなさんいつも愛の物資をありがとうございます。

実は今、食べ物が全体的に全然、足りてないねん。

今、父ちゃんはは仙台の倉庫にいるんやけど、お米はあるけど食料が底をついてしまった。

ぜひ、みなさん、下記の住所に食べ物をいっぱい送って下さい。

尚、お菓子やフルーツより主食になるものをお願いします。

レトルトパック、缶づめ、カップラーメン、お餅、梅干し、たくわん類、ナメタケなど瓶に入ってるものなど、早急に食べものを下記の倉庫に送ってほしいです。

『埼玉県』●会津通商(株)関東営業所さん
〒340-0801埼玉県八潮市八條1610-9ミノルビル2F


『福井県』●日本商運(株)さん
〒910-1104福井県吉田郡永平寺町松岡下合月12-3


『埼玉県』●(株)関根エンタープライズさん
〒343−0011埼玉県越谷市増林5610−1


『大阪府』●会津通商(株)さん関西営業所
〒578-0963大阪府東大阪市新庄3-21-47


『愛知県』●名備運輸(株)さん
〒485-0084愛知県小牧市大字入鹿出新田字大島312-1


『三重県』●三重執鬼(株)さん
〒513-0821三重県鈴鹿市地子町523-2

※運送会社さんが問い合わせには対応出来ませんので、申し訳ないのですが自分で判断してほしです。



ダッペエの募金活動
皆さん、ダッペエって知ってます?
館山市のマスコットキャラクター。
里見八犬伝の犬「八房(やつふさ)」の
親戚の末裔(まつえい)の知り合いの親戚の犬・苦笑
生みの親は、文原 聡さんなんですよ!

東北地方が大変なことになってる。
ダッペエも何ができるか考えた。
ここはやっぱり募金活動だっぺ!


という事で、昨日から募金活動をしているんです。


ダッペエの募金活動
今日は市役所本庁にて。
応援隊のちびっこたちが可愛い!!

ダッペエの愛嬌と、ちびっ子たちの頑張りで、
今日一日で160,834円も集まったそうだ。
(ダッペエブログより)
館山市民の心の温もりを感じますね。


まだまだ続く、ダッペエの募金活動。
私も応援しています!


ダッペエブログによると、救援物資の受付も始めたそうです。
以下ブログより

本日3/22から3/26まで、

館山市社会福祉協議会において

救援物資の受付をはじめました。

日時: 3/22(月)〜3/25(金) 9:00〜17:00

    3/26(土)    9:00〜15:00    

品目: 千葉県庁玄関ロビーでの受付品目に限ります。

1)  赤ちゃん用品(冷却ジェルシート、紙おむつ、おしり拭き、ベビーローション、ベビーオイル等)

2) 高齢者用品(大人用紙おむつ、介護用ウェットシート、介護食用とろみ剤、洗浄綿:アルコールなし等)

3) 生活用品(コンタクトケア用品、使い捨て手袋、使い捨てカイロ、生理用品、紙コップ、ラップフィルム、ウェットティッシュ等)

4) 飲料水(水のみ)

※収納用の箱などにまとめた形での提供をお願いします。

※食料品、衣料品については、現段階では受付を行なっていません。

<担当>東北関東大震災支援室 TEL: 22-3492

ご協力宜しくお願いしますm(_ _)m


ダッペエオフィシャルサイト
http://dappee.com/index.php


被災地にいない私たちに今、必要なこと
WOMAN Onlineより

被災地にいない私たちに今、必要なこと2011年3月20日

 東日本大震災の影響を受け、被災地でない首都圏やほかの地域でも、不安感が高まり、生活必需品が不足するなどの混乱が続いている。しかし、「少しでも被災地のために。被災地への支援を確実にしたい」という思いで、節電や自治体が行う救援物資の受け入れなどに個々で取り組んでいる人もたくさんいる。そこで、被災地にいない私たちが今、気をつけること&できることは何か、専門家に取材した。


◆これから必要なのはメンタルケア

 「今後はメンタルケアが重要になってくると思います」と話すのは、北里大学医学部衛生学公衆衛生学講師の和田耕治さん。地震の被害を受けなかった人でも心のバランスを崩すことがあるという。

 「被災地にいる人はもちろん、被災地から離れていても、被災した家族や知り合いがいる人などは特に『なぜ、自分だけ助かったのか』『こんなに普通に暮らしていて良いのか』と自分自身を責めたり、罪悪感を強く抱いたりして、心のバランスを崩していく人も多いのです。逆に、そういった悲しみの感情を感じられない自分にショックを受ける人もいます。いずれにしても、感じ方は人それぞれで当然。自分の今の気持ちを受け止めることが重要です。被災地から離れて暮らす人は、とにかく今ある日常生活をきちんと送ることを心がけましょう」。

 自分の心が苦しくなってキャパを超えそうなときは、誰かに話す、日記を書くなどして、気持ちを外に吐き出し、メンタルバランスを崩さないよう過ごすことも大切。
 
 また、テレビをつけっぱなしにするなど、メディアからの情報を取り込みすぎて心に負荷がかかる人もいるという。「メディアを見ないのも一つ。精神的な疲れから体調を崩す人もいます。被災地の状況に目を背けるという意味ではなく、メンタルのキャパシティを超えない範囲で情報を得るようにしては」とアドバイスする。


◆変化した生活リズムの中で体調を整える

 首都圏や関東地方では、地域を区切って順番に電力供給を停止する計画停電が実施されている。この計画停電により電力の需要を減らすことができてはいるが、需要が予想以上に伸びると不足の大規模停電が発生する恐れもあり、引き続き東京電力は節電を呼びかけている。計画停電は今後続く可能性も。「計画停電の実施エリアに住む人は、通勤、食事、睡眠など生活リズムが変わります。計画停電に合わせて睡眠をしっかりとるなど、体調を整える工夫を」

 今後の有事に備えて、私たちに今、できることはあるのだろうか。「災害時にどこから逃げるかなど、普段からシミュレーションをすることで訓練になります。今回の地震を機に、災害時の避難方法、安否確認方法などをおさらいし、心に留めておくだけで、いざというときにパニックになることを防ぐこともできるでしょう」

<プロフィル>
和田耕治(わだ・こうじ)
北里大学医学部衛生学公衆衛生学講師

医学博士・医師・労働衛生コンサルタント(保健衛生)・産業保健修士・日本産業衛生学会専門医。00年産業医科大学医学部卒業、臨床研修医、企業での専属産業医を経て06年McGill大学産業保健修士、ポストドクトラルフェロー、07年4月より現職。自身のWebサイトでは、アメリカ疾病予防管理センター (CDC)が、2004年のインド洋津波の復旧経験などを受けて作業をどのように安全に進めていくべきかをまとめたリポートなどを基に地震や津波が起こった際の対処法を掲載している。
「津波・地震において自分、家族、同僚、地域の健康を守るヒント集」