gogo☆sahara

サハラ砂漠から東京砂漠を経て、安房のオアシスに漂着。ここは本当にオアシスか否か?!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Twitterボタン
Twitterブログパーツ
 
ARCHIVES
RECENT COMMENT
PROFILE
 
日本とトゥアレグ族を繋げているモノ

上映後監督の対談

 

キャラバンの様子が観られるのを楽しみにしていた映画「CARAVAN TO THE FUTURE

 

上映後監督のデコート・豊崎アリサさんとDAYS JAPAN編集長との対談で、日本とトゥアレグ族を繋げているモノがウランだということを、初めて知った。

 

 

個人的に、昔から憧れていたサハラ砂漠。

モロッコのサハラ砂漠で過ごした経験は、多分今の私に大きな影響を与えていると思う。

あの頃はサハラについてよくネットで調べていたので、アリサさんの存在も勿論知っていた。

 

当時はモロッコの隣のアルジェリアから情報を発信していた様に思う。

観光地化され、多くの旅行客が訪れるモロッコのサハラから見ると、あまり観光化されていないアルジェリアのサハラには本物のトゥアレグ族が存在し、よりディープなサハラの表情を見せてくれそうな憧れの場所だった。

 

 

千年前から続いている、トゥアレグ族の塩キャラバン。

彼らは人間の手の指紋を見る様に、らくだ一頭一頭の指紋を読む事ができる。

らくだがいなくなれば、自分のらくだの足跡を追って連れ戻すのだ。

 

星を読み、広大なサハラに道を見出す。

砂嵐で空が曇ってしまうと、星を読むことができないので道に迷う危険を伴う。

 

早朝キャラバンが出発すれば、夜キャンプ地に到着するまでらくだを止めることはしない。

お茶も食事もらくだの上で行い、お祈りをする時は歩くらくだから降り、歩いているらくだに追いついてから飛び乗る。

 

自分達に必要な食糧や道具全てをらくだに積み、移動する。

途中牧草地で薪や干し草を刈り取り、ヤシの葉で干し草を束ねる縄を編む。

 

塩田のあるオアシスで岩塩とナツメヤシの実を仕入れ、1週間過ごした後再びテネレ砂漠を渡る。

そして岩塩とナツメヤシを売りながら市場を移動した後、必要な穀物を仕入れ、放牧地でらくだに3カ月の休養を与え、再び自分達のキャンプ地を目指すのだ。

 

3カ月過ごす場所では、いつもの農民が彼らを受け入れる。

そして彼らはただでらくだの糞を手に入れ、それを畑で活かして美味しい穀物を作る。

 

 

トラックで大量の岩塩を仕入れて売る商人もいるが、昔から付き合いのある人達はキャラバンが運ぶ塩の品質を知っていて、それぞれ馴染みの人から購入している。

 

顔なじみの売り手と買い手、そして顔なじみの農民との与え合い。

手から手へ、相手の顔が見える世界。

 

そんな生活を続けているトゥアレグ族の塩キャラバン。

彼らはやはり私の憧れの対象で、恋焦がれる存在だった。

 

そんなサハラの遊牧民トゥアレグ族と日本を繋げているモノが、ウランだなんて

確かに原発の原料はウランであり、日本はそのウランを100%輸入に頼っている。

 

そのウランが、どこからどんな風にして日本に来ているのかなんて、考えた事もなかった。

ニジェールのサハラ砂漠には、アフリカ最大のウラン鉱山があるのだ。

 

日本とウラン鉱山については、DAYS JAPANのアリサさんの記事を是非読んで頂きたい。

https://daysjapan.net/2017/03/03/uran/

 

 

アリサさんの話では、ウラン鉱山を運営するアレヴァが経営する病院では、体調不良を訴える人々に対しエイズだ、マラリアだ、などとウソの診断をしていたそうです。

何も知らされずただ仕事をしていただけで、自分の体調も家畜の体調もその土地の自然も文化も、破壊されようとしている。

そして、そんなことを全く知らない私たちの夜を、当然の様に電気は明るく照らしている。

 

これって、多分、私たち日本での快適な暮らしを支えているもののごくごく一部のことなのだと思う。

 

考え方も、できることも人それぞれ。

ものごとをジャッジせず、ただ自分ができることをできる範囲でやっていきたい。

手から手へ、相手の顔が見える世界は、ここでも可能だと思うから。

 

 

最後まで読んでくれた方、ありがとうございます。

生きとし生けるものが幸せでありますように。

 

 

アリサさんのHP

サハラエリキ https://sahara-eliki.org/

 

 

JUGEMテーマ:映画

 

祖国の為、民族の為に戦う人々
JUGEMテーマ:映画

「それでも僕は帰る シリア若者たちが求め続けたふるさと」
先日、東京で上映会があり参加してきました。
アレッポの石鹸を輸入・販売されている太田さんの話も楽しみにしていたのに、高速が大渋滞でまさかの95分遅れで到着。

太田さんのお話どころか、上映も後半の後半しか観られなかったけど、それでももう充分でした。
この映画を初めから最後まで観るのは、本当にパワーが必要やと思う。

http://unitedpeople.jp/homs/

 


そして、翌日は「ルンタ」を観に行きました。


http://lung-ta.net/

 

非暴力の抵抗運動を続けていたけど、ある日を境に武器を手にして戦ったシリアの若者。
誰も傷つけず、自らに火を放って焼身抗議をするチベットの人々。

映像的にはとても対照的やったけど、どちらも祖国の為、民族の為に立ちあがった人々で、
彼らの眼差しは本当に力強かった。


機会があったら、是非ご覧下さいませ〜
 

無料映画上映会&トーク『ベンダ・ビリリ!―もう一つのキンシャサの奇跡』



日時:11月26日(土曜)14時から16時10分(開場:13時30分)
会場:JICA地球ひろば 3階 講堂
詳細はこちら
http://www.jica.go.jp/hiroba/event/201111.html#a04-1126-01

無料上映会『8-Eight-』


特別展「世界はつながっている〜今こそ考えよう。世界と日本の関係」関連イベント
映画上映会『8-Eight-』

都内に住んでた頃によく利用していたJICA地球ひろばでの無料上映会です。
世界の名だたる映画監が8つの短編を製作し、、『8-Eight-』というオムニバス映画になっています。

上記映像は、ゴール3: ジェンダーの平等の推進と女性の地位向上『How can it be?』: by ミラ・ナイール(Mira Nair)
事実に基づいて作られているようです。


日時: 6月4日(土曜)
<午前の部>10時30分から12時30分(受付開始:10時)
<午後の部>14時30分から16時30分(受付開始:14時)

会場: JICA地球ひろば 3階 講堂 【地図】
 
主催: JICA地球ひろば
http://www.jica.go.jp/hiroba/index.html


協力:(特活)オックスファム・ジャパン
http://oxfam.jp/2010/12/8_eightyoutube.html


JUGEMテーマ:映画

「アナン 喜びの賛歌」上映会と製作者ジョン氏の講演会
児童労働ノンフィクション映画『 アナン 』喜びの賛歌


路上の友達を自由にするための、自由になった子どもたちの声
・主人公:アナン~ANAND~
僕は父親の借金25000ルピー(50000円)を返済する為に2年間
ココナツを路上で切っていた。
・ギャング役:マラッパ
僕が6歳の時に母さんは、石油を体にかけて自殺した。
僕は勉強が好きだったけど、父さんが学校をやめさせたんだ。
そのあと交差点でおもちゃを売る仕事を妹とはじめた。 
仕事中、警察が来て、僕たちを棍棒で叩いたり、警察署に連れて
行かれたりしたんだ。 他の子どもたちは、少年院に行ったりもした。
レストランでも夕方6時から夜中12時まで働いて、一日 100ルピー
(200円)稼いでいたよ。 
食器を洗ったりご飯を配ったりしてね。



=「アナン」上映会と製作者ジョン氏の講演会、児童労働ワークショップ=
写真展、物産展同時開催します。


開催日:5月7日(土)
内容:11:00〜13:00 写真展・物産展
   13:00〜14:00 ジョン氏講演会(インド児童労働の実態と子ども達の幸せ)
   14:00〜16:00 [アナン 喜びの賛歌]上映
   16:00〜18:00 交流会、写真展・物産展
   18:00〜20:00 ワークショップ
会場:JICA地球ひろば セミナールーム301
地下鉄 広尾駅
対象: 一般参加費:1300円(映画解説冊子付き)
申し込み: e-mail challengerhse1216@divina.co.jp
Tel・Fax 046-264-0401/080-3529-5135 (9:00・20:00)


=「アナン」上映会と児童労働ワークショップ=
写真展、物品展同時開催【市民・NPOが作る男女共同参画事業】


開催日: 6月19日(日)
開催時間:13:00・16:30
会場:男女共同参画フォーラム横浜
   JR・横浜市営地下鉄戸塚駅西口下車 徒歩5分
   http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-yokohama/accessmap/ 
 対象: 一般
参加費:1300円(映画解説冊子付き)
申し込み: e-mail challengerhse1216@divina.co.jp
Tel・Fax 046-264-0401/080-3529-5135 (9:00・20:00)


チーム ピース チャレンジャーTEL/FAX 047-332-0706
E-mail: challengerhse1216@divina.co.jp

SATC2

モロッコで撮影されたアブダビを観に
SATC2を見に行って来ました。

まず私が驚いたのは、最新の映画館設備!
迫力満点の大画面に、大音響。

私が最後に日本の映画館に行ったんはいつやろう?
と思い巡らせていて行き着いた答えは、「タイタニック」。
10年前!?
映画館て凄い進化してるんやね〜


気付けばネットでSATC全部観てたし、
この間テレビでやってたSATCも観て面白くて勢いついた今回。
会場はやっぱり女、女、女。


久しぶりの映画やから、予告編も超真剣に鑑賞・苦笑
SATC、特にはまってるつもりは無かったけど、
やっぱ面白いわ、これ。

私の隣2人は手を叩いての大爆笑で大うけしてて、
どちらかというと私もそんな感じで爆笑しつつ映画を楽しんだ。
でも友達の隣の人は泣いていたらしい!?
昔の彼氏でも思い出していたんでしょうか?

生の、“マーシャアッラー!”「アッラーが望まれたこと」が面白かった。
観終わった後は女の子だけで旅行とか行きたくなりました。

ここをクリックしてね♪後ろの方をさ迷ってるのでポチッと宜しく☆

TRANSIT〜美しきモロッコという迷宮〜
TRANSIT モロッコ
トランジットのモロッコ版がいよいよ明日発売!
雑貨屋saharaの商品も紹介頂いているので、本日掲載誌を手にしてわくわくドキドキ。

元々トランジットは好きな雑誌だったので、この本でモロッコ特集をしてくれるというのはとても期待大で、しかもsaharaの商品も紹介して頂けるなんて、こりゃもう間違いなく永久保存版ですよ・笑


写真も綺麗やし、記事も興味を惹く物が多い。
よく男性のハマム(蒸し風呂)ではプロレス技の様なマッサージが施されると聞いていたけど、残念ながら見ることが出来なかった。
女やから当たり前やけど。
でもそんな技をかけられてる写真もトランジットなら見れる!


“モロッコ”と言って一番多い反応。
「カルーセル麻紀が手術したところやろ?」
「性転換手術で有名な?」


それが事実なのか、なんでモロッコなんか知らんかったけど、
カルーセル麻紀さんが語る手術の真相記事も
トランジットなら読める!


キンキン出演の映画、「さよならモロッコ」
どんなんなんかあまり情報を得る機会が無かったけど、
トランジットなら見開き2ページで紹介!


可愛いモロッコ雑貨やひとこぶらくだのぬいぐるみプレゼントもある。
しかも応募者全員にオリジナルポストカードプレゼント!?

私も送っていいかなぁ?



TRANSIT モロッコ
ちなみに雑貨屋saharaの商品はスペシャル付録「トランジットトラベラー・カワイイモロッコ」に載ってます♪


発売前でamazon337位って凄くない?

ここをクリックしてね♪後ろの方をさ迷ってるのでポチッと宜しく☆
タジンポットでヘルシーメニュー
少し前になりますが、4月に発売された「タジンポットでヘルシーメニュー」の“ほしい!モロッコ雑貨”のページでsaharaの商品が紹介されているのです。

しかし、soldだったりUP作業が追いついてなくてサイトに載ってない商品もちらほら(^^;
よく見てみたらレシピ写真にもグラスやお皿がちょこっと載ってるね。

モロッコチュニジア料理SAHARA
シェフのレシピも載ってますよ〜

興味のある方は是非書店で探して見てね♪



ここをクリックしてね♪後ろの方をさ迷ってるのでポチッと宜しく☆
沈黙を破る

土井敏邦監督の映画、「沈黙を破る」ポレポレ東中野でアンコール上映されているから、紹介しようと思っているうちに明日が最終日であることに今朝気付きました(^^;

最近上映会でこの映画と土井監督のトークを聞く機会があり、
パレスチナの人々とガザの様子、元イスラエル兵士のインタビューと行動の両面からガザを見ることができる映画で凄く良かったので
より多くの方に見て頂きたいと思いました。


イスラエルやガザ、イラクやパキスタン、アフガニスタンなど多くの問題を抱えている国々の情報は、普段の私の生活の中には全く入って来ません。

あまりテレビを見ないし、新聞も取っていないし。
でもテレビのニュースや新聞を毎日チェックしいても
これらの国の状況を詳しく伝えているものは僅かだろうし
一つの角度から見た一部分であって、それが全てではありません。


知りたい! 

知ろう!!


という思いと行動力があって初めて掴み取れる情報が沢山あるので、
目の前の生活に追われるだけの日々で終わる事の無い様に
こういう映画や情報に触れる機会があれば積極的に参加するように心がけています。


「沈黙を破る」とは、元イスラエル将兵たちによって作られたNGO。
占領地での、虐待、略奪、一般住民の殺戮等の加害行為を告白することにより、今まで語られることのなかった占領の実態にイスラエル社会が向き合うことを願っている。

「沈黙を破る」フライヤーより


10代や20代前半のイスラエル兵が、ゲーム感覚で銃を握り発砲する。
自分の両親や祖父母と同じ年代のパレスチナ人に対して横柄な態度をとり、
全てが自分の思い通りになる。
相手にも家族がいて、生活がある、同じ人間だとは思っていないし、
そんな風に思ったら任務の遂行など遂行出来ない。

初めはおかしいと思った事でもだんだん慣れてくるし
どんどんエスカレートしていく。
そして自分の犯した罪にふと気付いた時、傷つくのは自分自身です。

そうやって占領をし続けるイスラエルは、パレスチナの人々を傷つけ
更にはイスラエル自身も傷つけている。
そう気付いた彼らはウェブサイトを通じて国内外に占領の実態を訴えています。


■■賛同者募集■■
この映画の監督である土井さんは、現在イスラエル政府から
「事実を伝えない反ユダヤ主義のジャーナリスト」とみなされ
プレスカードの発行を拒否されています。

現在プレスカードの発行をイスラエル政府に要求する賛同者を募集しています。
詳しい内容は土井監督のWEBコラムにてご確認下さい。


先日賛同して下さった方々へ
本日ボランティアの方に用紙を手渡しして来ました。
とても喜んでくださいました。
ありがとうございます!
もし周りに賛同してくださる方がいたら、
イスラエル政府の報道規制に抗議しますより
ご賛同くださいます様、お願い致します。


ここをクリックしてね♪後ろの方をさ迷ってるのでポチッと宜しく☆

シスター・チャンドラとシャクティの踊り手たち

インドのカースト制度で不可触民(ダリット)の少女たちに読み書きや権利、ダンスを教えている修道女、シスター・チャンドラとその踊り手たちのドキュメンタリー映画を観て来ました。

彼女が正体を隠して不可触民として過ごした時
水瓶から水を飲んだら地主の女性が慌ててやって来て凄い剣幕で彼女を叩いたそうです。
今でも、不可触民と同じコップを使うことは避けられているのが現実だから。
その時シスターはこの人達の為に生きる事を決めたそうです。

実際、不可触民に一般の人と同じコップを使った茶店が焼き討ちにあったという話もあります。


踊り子の1人の村を尋ねてみると、両親は日本という国がある事を知りません。
生まれ育ったその村以外の事を知らないのです。
シスターの下で権利について学んだ女性は、夫が怪我をして病院に運ばれた時、医者も看護婦もまずお金を持って来なさいと言って何もしてくれず、結局夫が死んでしまった時、この事を裁判所に訴え、勝訴しました。
そして同じような目に遭っていた人達が他にも沢山出て来ました。

私達にとっては当然な事でも、そんな当然の権利がある事を知らずに不等な扱いを受けている人達が沢山いるのです。
“知らない”というのは恐ろしいですね。。。


でも彼らの村では助け合いの精神があります。
皆シスターにご飯を食べて行きなさいといいますが、
シスターは彼らに食べ物が無い事を知っています。

誰かお客さんが来た時、例え自分の家に食べ物が無くても、
他の人の家に入り、食べ物を持ってきて振舞うそうです。
村の人達はそんな時の為に、いつでもキッチンを開けたままにしています。
食べ物を貰った後、お客さんが来たからと一言言えばそれでいいのです。

シャクティの踊り手たちは、日本にも講演に来ています。
私は彼女達の存在を全く知りませんでしたが、今度来日する時は絶対に見に行きたい。
シスター・チャンドラの豪快な笑いと
彼女の考えや言葉がとても魅力的で、魅了されてしまいました。





ここをクリックしてね♪後ろの方をさ迷ってるのでポチッと宜しく☆